it-tyumen.net

石鹸を泡立てるときに使いたい生活の方法

節約生活で貯金をコツコツ増やすポイント 手を洗うとき、体を洗うときには石鹸を使います。髪の毛や頭を洗うときはシャンプーを使います。どちらを使うときも良く言われるのがきちんと泡立てることです。石鹸を使うときはまず水に濡らした石鹸をどんどんもむようにします。すると次第に泡ができてきます。少し泡ができてもすぐに無くなってしまいますから再びもんで泡を作ってその泡で体を洗います。

生活の中で泡立てようとするときは手のみを使うことが多いです。外出先では何も持っていませんから仕方ありません。でも自宅ではある方法を取ることで効率的に泡立てることができます。少量の石鹸でたくさんの泡が出るので石鹸のなくなり方を大幅に減らすことができます。今まですぐに小さくなっていたのにその何倍もの長い間使うことができて驚く人もいます。

使うのはネットです。100円ショップなら石鹸ネットとして売られていることもあります。それ以外でも野菜が入っていたネットなども使うことができます。方法はネットの中に石鹸を入れてもむだけです。するとほどなくたくさんの泡が出てきます。それ以上ある程度泡ができたら石鹸を取り出します。後は泡をもむだけでどんどん増えていきます。シャンプーの場合は液を手のひらに出してネットでもんで泡を作ります。

Copyright (C)2019節約生活で貯金をコツコツ増やすポイント.All rights reserved.