it-tyumen.net

冷凍した食品を解凍するときの生活の技

節約生活で貯金をコツコツ増やすポイント 食品を長期的に保存するときは冷凍するのが良いでしょう。冷蔵は一般の食品を数日保存するときに使います。チルドは0度近くを維持した保管場所で肉や野菜などを新鮮な状態でキープしてくれます。と言ってもやはり数日しか保存できません。冷凍の場合は微生物などが完全に活動することができない温度になります。素早く解凍して調理をすれば美味しく食べることができます。

生活の中で冷凍したものを解凍する方法として一般的には自然が知られています。常温などに置いておく方法です。一見よさそうですが暑いときは注意しないといけません。表面はどんどん解けます。でも中心部はまだ凍っています。中は凍っているのに外は常温の状態がありこのままだと表面が傷みやすくなります。最低冷蔵庫に入れて行うようにします。

もっと早く安全に回答する方法としてアルミ製の鍋を使います。雪平鍋と呼ばれる一般的なもので良いでしょう。こちらを2つ用意してそこを合わせます。その間に冷凍していた食品を挟みます。するとどんどん解けて行きます。通常の10分の1ぐらいのスピードで解凍させることができます。これは熱伝導率が良いアルミを使っているためです。鉄などではここまで早く行うことは出来ません。

Copyright (C)2019節約生活で貯金をコツコツ増やすポイント.All rights reserved.